忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 03 道のど真ん中で

たとえばこんな10のキス

01 教室の隅っこで
02 夕焼けが見てる
03 道のど真ん中で
04 窓からのぞいたその顔に
05 公衆の面前で
06 水中で
07 雪の降る中で
08 びしょ濡れになって
09 覆いかぶさって
10 良い夢を 

SCHALK. 様
 http://schalk.xii.jp/

より 03番



03 道のど真ん中で


 二人の女子高生が、手をつないで歩いている。
 一人は金髪のショートヘア。もう一人は黒髪のロング。
 金髪の少女は長い前髪を真ん中で分けて横に流し、黒髪の少女の前髪は眼の上。後ろ髪は二人とも多少梳いてある程度で、何の飾りも変哲もない。
 金髪の少女は普段は穏和そうに見えるだろうその金の瞳を、今日は不機嫌に曇らせて。黒髪の少女は長い睫毛の大きな瞳を勝ち気そうに、普段よりさらに青く愉快気に輝かせていた。
 お揃いの、セーラーカラーのワンピース。
 同じ学校の、同じ制服。
 なのにどことなく意匠が違って見えるのは、各々の個性のなせる技なのか。
 金髪の少女はつないでいない方の手に学校指定の鞄を持っていたが、黒髪はどういうわけか手ぶらだった。
 金髪の少女の名は吉野清夏。
 黒髪の少女の名は古賀砂絵。
 それなりの晴天の下、二人の少女は手をつないでいる。
 「一体なにを企んでいるんだ……」
 「好きな人と手をつないで歩きたーいv てのがそんなにオカシいのか?」
 清夏が半眼でげんなりと言い、砂絵はげらげらと一笑に付した。
 「おかしいとは言わないけど……」
 清夏は砂絵と結ばれている自分の手を見やる。
 「いや、おかしいだろ」
 そして真顔で言った。
 二人は手を繋いでいたが、同時に、文字通り『結ばれて』いた。
 重ねられた二人の華奢な手のひら。
 その手首の上から赤いひもがぐるぐると巻かれ、簡単には解けないであろうことが一目で分かるくらい、がんじがらめにされている。
 「どこの恋人同士が、こんな道のど真ん中でぎちぎちに縛り合ってるんだよ」
 「オレは、束縛もひとつの愛のカタチだと思うぜ」
 「そういう比喩を言ってるんじゃない!」
 あーもう、これリボン駄目になっちゃうじゃないか……、と清夏が手首を持ち上げて呟く。
 二人の手首に巻き付いているのは、正確には紐ではなく、細い紐リボンだった。
 セーラー襟の胸元へ、清夏が今しているように蝶々結びにして垂らしておくのが本来の使い方である。
 砂絵のリボンは手首に結ばれているので、無論彼女の胸元には何もない。
 「まぁ聞け清夏」
 砂絵は腕を組もうとして、
 「いたっ、いたた」
 清夏の腕が一緒に持ち上げられたが、かまわずそのまま組んだ。
 「これは平和活動ってやつだ。オレとお前がこうやって赤い糸で結ばれている限り、世は全てこともなし」
 「いたいって!」
 「お前みたいな平凡を絵に描いたらこうなりました的な女子高生でも、オレのそばにいればご町内の平和に貢献できる訳だ。さすがオレ。ありがたがれ。そしてオレ様を称えひざまづけ」
 「聞けよ! いたい!」
 「あーだからアレだ。要するに略すとPKO的な? 町内だからTKO? ん? テクニカル・ノック・アウトか! なかなかだぜ! まさにこれぞこともなし! オールオッケーだな!」
 「もういい! もう聞かなくていいから、せめてこっちに通じる言葉で話してくれよ!」
 オールオッケー☆ と何故か砂絵がウインクして繋いでいない方の手指を一定の形にしたので(世に言うオッケーサインらしい)、結果的に清夏の腕は解放された。しかし手首はまだ解放されない。
 砂絵は上機嫌で街中を下校していく。
 清夏は呆れ顔で引っ張られていく。
 (まぁ……いいんだ……)
 清夏は思った。
 (砂絵の奇行はいつものことだから……)
 出会いから二年半。黙って立っていれば血も凍るような美少女であるのに、中身のせいで奇々怪々になっているこの相手に対して、いつものこと、で済ませてしまえるようになった。
 よく考えるとそれもすごい。昔の自分ならきっと出来ないだろう。この年月の間にだいぶ訓練されてしまったようだ。
 (平凡な私をそこまで適応させてしまう砂絵って……)
 かなり呆れながら、砂絵の横顔を見る。
 漆黒の睫毛。薔薇色の頬。容姿だけなら完璧な横顔だ。
 (……ん?)
 まてよ。ある疑問が浮かび上がる。思わず隣に問いかける。  
 「それってもう、平凡じゃないんじゃないか?」
 「あっ! クレープ屋! クレープ食いて!」
 往来に現れたピンク色の可憐な店舗に向かって砂絵は突進し、清夏はつんのめって手首のリボンが肉に食い込んだ。
 「聞けよ! 頼むからやっぱり聞けよ! てゆかもう解いてよコレ!」
 「おっさーん! オレこれにするぜ! コレにさ、ところてんと酢豚足せ!」
 「入って二秒で店員さんが困るようなこと言うな! トッピングだってメニューの中から選ばなくちゃいけないんだよ!」
 当然のように無体な命令を下す砂絵に、清夏は条件反射で常識的なつっこみをして、そうしているうちに自分の疑問を忘れた。

 なんとかかんとか注文を済ませ(いちごスベシャルにデラックスほにゃららとかいうトッピングをした壮絶なクレープ)、店員さんが焼いてくれるのを待つ。
 「めずらしいな。砂絵が買い食いなんて。でも私、今日お財布に五百円しかないよ」
 砂絵が当然のように二つ注文したので、清夏は少し不安になって訊いてみた。
 「え……? うそ……? 清夏が貧乏人なのは前からだけど、そんなに可哀想な感じなの……?」
 うざい反応が返ってきた。訊いた自分がばかだった。
 「その口調ぜんぜん似合ってないから……」
 なんとかそれだけ絞り出す。
 五百円以上もするクレープなんてセレブな食べ物見たこともない。実はトッピングを加えてもギリギリ足りるのではないか?
 と一縷の望みを繋ぐためにメニューを見ながら計算し始めた清夏の横で、砂絵が突然言った。
 「今日の奴らはカタギには手ェ出さないんだよ」
 「…………」
 砂絵の方へ向き直ると、彼女は口の端をつり上げながら、清夏と繋いでいる手を持ち上げて見せた。
 「カタギ……ねぇ」
 生まれも育ちも性格も、派手な彼女には敵が多い。「敵」、が何なのか清夏には未だによく分からないのだけれど。
 「いつもみたいに返り討ちにすればいいじゃないか」
 返り討ちにしているところなんて見たことないのだが、多分そうなのだろうと口にする。
 「それとも今日の人たちは砂絵でも負けそうな位の実力者なのか? こんなクレープまで用意して」
 少し皮肉混じりに言ってみる。制服に、クラスメートに、帰り道の甘いもの。そんなに女子高生アピールしてまで避けたい相手なのか。
 砂絵にそんな相手なんか、いるのか?
 「だってオレ今日、二日目なんだぜ?」
 精一杯の挑発は、しかしあっさりと返された。
 場が一瞬静まり、そして慎ましく、何も聞かなかったと言いたげに元に戻った。
 「なんだぜ、じゃないだろ!」
 思わず叫んでも、砂絵はしゃあしゃあと言ってのける。
 「だってかったりーじゃねーかー。なんでオレ様がそんな日まで愚民どもの相手してやらなきゃなんねんだよー」
 「そこじゃないよ! どうしてお前はそうデリカシーがないんだ、っていうことを言ってるんだよああもういいよ!」
 そうこうしているうちにクレープの一つ目ができあがった。その強大な存在感に清夏は思わず圧倒されたが、砂絵は嬉々として受け取る。
 そして勘定の段になってはたと止まった。
 清夏は砂絵を見た。片手には巨大クレープ。もう片手には自分の手。
 「…………」
 砂絵は少し思案したようだったが、うんとうなづくと当然のように命令した。
 「スカートのポケットにカードが入ってるぜ。清夏」
 「私!?」
 清夏がつっこみを発動したときには、砂絵はもうクレープにかぶりついている。
 今度は清夏が思案した。
 それは砂絵の制服のポケットに、私の手を入れて中のものを取り出せということか?
 思わず顔が熱くなった。
 な、なんだそれ。そんな恥ずかしいこと。
 しかしそこで困ったような表情の店員さんが目に入った。
 放っておいても、砂絵は自分で会計をすることはないだろう。今ここで自分が砂絵のカードを取り出さなければ、店員さんは働きに見合う報酬を受け取ることができない。いや、直接店員さんの時給になるわけではないのだろうが、お仕事の妨げになっているのは事実だ。
 「くっ……」
 清夏は悔しげにうめいた。
 やるしかない。自分が。
 繋いでいない方の手に握っていた鞄をいったん床に置く。そして砂絵と向き合うように回り込んだ。
 「…………」
 一瞬そこでひるんだ。砂絵はむしゃむしゃとクレープをむさぼっている。人がこんなに恥ずかしい思いをしてるっていうのに……と苛立ちを覚えたが仕方がない。
 ええい!
 心の中で掛け声をあげて、半ば自棄に砂絵のポケットへ手を入れた。
 プリーツのひだの間、一見では分からないように隠されたスカートのポケット。
 自分の着ているものと同じ布の触感。しかしこんな体勢でポケットへ手を入れたことなどない。まして他人のポケットになど。
 その時、布越しに、なにか温かいものが触れた。
 思わず体がびくりと反応する。
 脚だ。
 砂絵の、なめらかな脚。
 反射的に砂絵の方を見ると、砂絵はにやにや笑っている。
 「…………!」
 かあっと頭に血が昇るのが分かった。
 必死に指先で硬いカードを探り、掴むと大急ぎで引っ張り出す。そのままの勢いでクレジットカードをレジへとたたきつけた。
 
 「おかしいよ」
 清夏は言った。
 「おかしい」
 クレープ屋を出て、二人は再び街を歩いていた。
 清夏の片手には学校指定の鞄。砂絵の片手には特大クレープ。お互いの余った手はいまだ硬くつないだまま、二人は道を歩いている。
 「なんでそんなすごいもの、一気に二つも食べられるんだ……」
 清夏はどんよりとした眼で砂絵を見た。
 砂絵はクレープ屋でクレープを二つ注文したので、てっきりもう一つは自分が食べるのだろうと思っていた。
 しかし、実際は違った。砂絵は二つとも自分の為に注文したのだ。
 「なんだ、欲しいのか? でもやらないぜ! そんな眼で見つめてきてもやらないぜ!」
 「いやむしろ……見てるだけでおなかいっぱいになってきた……」
 キラキラした瞳でだが断るしてきた砂絵に、清夏は眼を伏せて頭を振った。
 「はぁ……まったく……」
 溜め息を吐く。
 まったく。訓練されたなんてとんでもない。自分の思い違いだったようだ。やっぱり砂絵にはついていけない。
 「おかしいよ」
 クレープも、ポケットも、この繋いだ手も。
 「…………」
 清夏は繋がれた手を見下ろした。赤いリボンでがんじがらめにされた、二つの手。
 そもそもやっぱり、これだっておかしいのだ。
 「砂絵、もういいだろ。ほどくよ、リボン」
 「あぁ? だから言ったじゃねぇか」
 「でも、私の家と方角が違ってきたし」
 「ここまで来たら普通オレの家まで来るだろ」
 「お前にだけは普通とか言われたくないよ……」
 そう言いつつ、また繋がれた手を見てしまう。
 つきあいが悪いだなんて。
 むしろここまでよく付き合えたと思う。
 「おかしいよ。こんなところで、二人で手つないで歩いてるなんて」
 女の子がふたり。
 手をつないで歩いているなんて。
 「小さいこならまだしも」
 自分たちのような年齢で、手を繋いで歩いたりしない。
 赤い紐の絡まる手首。
 普通じゃない。
 「誰も見ちゃいねーよ」
 砂絵は愉快そうに笑った。あんまりあっさりそう笑うので、清夏は拍子抜けした。
 そういえばそうだ。
 実際、道行く人々は誰も自分たちのことなど気にしていない。
 忙しそうに、あるいはのんきそうに、ひとりでもしくは連れだって。
 それぞれの道を歩いている。
 隣を見れば、砂絵は砂絵でマイペースにクレープを貪っている。
 「……たしかに」
 清夏は納得した。
 自分にとっては非日常でも、世界にとってはそれも含めて日常なのだ。赤い紐も、とんでもないクレープも、繋いだ手も。
 平凡な自分には非凡でも、それは、きっと通り過ぎてゆくもので、本当は大したことではない。
 「そうだな」
 少し、寂しい気がした。
 そして気が付いた。
 (そうか、私は、浮かれていたんだな)
 繋いだ手に。
 隣にいる事に。
 (まったく。砂絵は、自分が特別なことをもっとちゃんと自覚した方がいい)
 そうしてくれないと、平凡な自分には刺激的すぎて。自意識過剰になってしまうではないか。
 深呼吸してまっすぐ前を見ると、自然と自分の唇に笑みが上った。自嘲という程ではないが、仕方ないなぁという笑みだ。
 (困った奴だな。砂絵も。……私も)
 「…………」
 砂絵がクレープを口の中でもぐもぐさせながらこちらを見た。
 清夏は前を見ながら言う。
 「じゃあ、ほら、早く行こう。砂絵の家、山の上で結構遠いんだから」
 「誰も気にしてねぇよ。まぁ……」
 砂絵は手の中に残っていたクレープを一気に口の中に入れた。
 「ん?」
 清夏が不思議に思って横を向く。
 するとすぐそこに砂絵の瞳があった。
 繋いだ手が引かれ、砂絵のあいた手が自分の腰に回される。
 砂絵の眸がいたずらっぽく青く光って、清夏の唇が砂絵の唇に重なる。
 ふわりとした感触は、腰に回された手が頭に移動したことによって、もっと強い口づけに変わった。
 「ん……!」
 砂絵の口の中から、甘いかたまりが移ってくる。砂絵の舌が清夏の口の中へ入り、押し込めてきた。
 それがクレープだということを理解するのに、清夏は数秒かかった。
 道行く人々が驚いてこちらを見ている。向こうから歩いてきていた人は目を丸くして、通り過ぎようとしていた人は振り返って、話していた人は言葉を失って。
 「まぁ、これで超大注目、だけどな」
 伏せていた眸をぱっちりあけて、にっこり笑むと、砂絵は再び歩きだした。
 手を引っ張られて、清夏も歩き出す。
 「無視なんてさせねーぜ!」
 明るく高笑いして、砂絵は颯爽と進んでいく。
 周囲の人々は動揺しながら、何もなかった風を装いつつ、しかしそうしきれずに、ちらちらと恥ずかしげな視線を寄越す。
 「どうだ、清夏」
 ぼんやりとしている清夏へ、いつも通りの満足気な様子で砂絵は言った。
 「…………」
 清夏は鞄を持っている方の手で唇を拭った。そこには白い生クリームが、まぶしいくらいべったりとついていた。
 「……。甘……い……」
 「だろ! うまいんだぜ! また気が向いたら食べさせてやる!」
 はははっ! と砂絵は快活に笑った。
 「…………」
 清夏は口の中に残っていたものを飲み下した。
 唇にまだ砂絵の感触が残っている。
 徐々に感情が戻ってくるのを自覚した。
 耳まで赤くなるのが分かる。
 (……まった……く。まったく。まったくまったくまったくまったく!)
 全く! お前は!
 そう言いたくて、しかしその後どう続けていいか分からない。
 (くそ……っ)
 砂絵は、まだニヤニヤ笑っている。
 「…………っ」
 結局清夏がなんとか絞り出したのは、これだけだった。
 「道の、ど真ん中でないならな!」

おわり


-------------------------------------------------------

今回はほのぼのした感じで、と思っていたんですが、
出来上がってみたら感嘆符のオンパレードというふしぎ……。
セーラーワンピが好きなんです。 

PR
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

プロフィール

HN:
小橋
性別:
女性
自己紹介:
体力をつける為
筋トレに励むまいにち。
とりあえず立位体前屈から。

はじめての方は
カテゴリの
「ここについて」
をどうぞ。

カテゴリー

リンク

最新記事

(07/31)
(05/10)
(04/24)
(02/26)
(02/22)

最新コメント

バーコード

RSS

フリーエリア

ブログ内検索